①堺東美原地区保護司会のご紹介

はじめに   会長挨拶

皆様方には常に更生保護に深いご理解と温かいご支援を賜っておりますことを改めて深く感謝申し上げます。
近年の社会情勢や経済情勢の変化はまことに目まぐるしく、犯罪や非行も複雑化・多様化しております。
この対応策として注目されるのが更生保護の活動です。
この更生保護活動を、地域の人々や事情等をよく理解しているという特性を活かし、保護観察官(更生保護に関する専門知識に基づき保護観察の実施等に当たる国家公務員)と協働して、保護観察、生活環境の調整、犯罪予防活動などを行っているのが保護司です。
当地区会は、平成17年2月に堺東分会と堺美原分会が合併して発足し、堺市が政令指定都市となった翌平成18年6月に堺東美原地区保護司会となりました。当地区は、堺の東南に位置し、緑と昔ながらの家並みの町でしたが、南海高野線北野田駅前の再開発、美原区役所・文化ホールの建設、マンションや宅地分譲等で地区全体が大きく変貌しました。このような変貌に対し対応できるよう所属する保護司全員が研修活動に勤しみ社明運動の活性化に努めております。
当ホームページが皆さまにとりまして、保護司理解の一助となれば幸甚でございます。

活動について

1.年間事業

組織のご紹介

総務部

研修部

広報部

組織部

学校連携部

サポセン事業部

広報誌「直枉」について

堺東美原地区保護司会の活動を多くの皆様にご理解いただくため、広報紙「保護司だより」を年二回発行しています。内容は社会を明るくする運動の紹介を中心に、保護司会の活動や標語パネルにご協賛いただいた地域の皆さまのご紹介などを掲載しています。

誌名の「直枉」とは

じきおうと読み、聖徳太子の一七条憲法に由来しています。
以下引用…何以直枉(何によってまがった心をただせるだろうか)